チェロの歴史と原理、種類と材質、惹きつける魅力とは

チェロの起源

ヴァイオリンの仲間

ヴァイオリン族は羊の腸で弦を張って、馬の尻尾に松やにをぬって、弦を引掻いて音を出す仕組みの擦弦楽器です。

この楽器の起源に関しては、中央アジアだと言う説があります。中国には胡弓として残っているものです。

他の説では、エジプト、インド、アラビヤと様々ですが、いずれにしても羊と馬が重要な存在です。

この擦弦楽器はヨーロッパへ伝わって、歴史に出現するのは12世紀後半から13世紀にかけてになります。

さらに、絵画や彫刻などにあらわれるのは、15〜16世紀になってからだそうです。

楽器の複雑化は同じメロディーを弾くのではなく、協和音を合わせる演奏が発達したことによります。

メロディーのラインにおいて、バスや、アルトなどのが演奏できる楽器が考案されていったわけです。

チェロの歴史

チェロの直系の祖先は、ルネサンスからバロック時代にかけてに活躍した、ヴィオラ・ダ・ガンバという楽器だそうです。

現在のチェロとくらべると音量も小さく音色は繊細で柔らかく、変化に乏しい楽器だったそうです。今のチェロとは少し形が違います。指板にフレットがあります。

まだヴィオール族の楽器が全盛期の頃、ヴァイオリンが考案されました。それから19世紀ころまでに何十種類もの楽器が考案されたと言われています。

ヴァイオリン族の中でヴィオラ・ダ・ガンバの音域の楽器が「小さなヴィオローネ」という意味のヴィオロンチーノがなまってヴィオロンチェロ=Violoncelloという現在のチェロの正式名称になったということです。

ヴァイオリン族とヴィオール族の違い

ヴィオール族に対して、ヴァイオリン族はいくつかの違いがあります。

一番わかりやすいのは、弦が4本で、 形を統一、うすい木の板でも弦の強さに耐えられる形にしました。そして、サウンドポストをつけて、共鳴を活かすことができたことです。

そのほかにも、表板の響口をfの字にしたり、 裏板に膨らみを持たせたりしました。

ニコラ・アマティのチェロ

最初のチェロは、ガスパロ・ディ・ベルティロッティという人の作品です。その後、ヴァイオリンの名工が現れ、チェロの名作もたくさん作られます。

イタリアのクレモナにいたニコラ・アマティ、その弟子のアントニオ・ストラディバリ、ガルネリ一族、ガダニーニなどが有名です。

ほかにもやベルゴンツィやモンタニアーナ、テストーレ、ガリアーノといった名工の作品があります。

チェロの原理

チェロとヴァイオリンの違い

最大の違いは楽器の大きさですが、演奏する際の構え方も違います。

ヴァイオリンは全長約60cmですが、チェロは全長約120cmと約2倍の大きさです。

ヴァイオリンはあごに挟んで演奏するのに対して、チェロはエンドピンで立てて膝で挟みながら演奏します。

また弓の長さは、実は、ヴァイオリンの弓よりもチェロの弓の方が短いのです。ただし、太さはチェロの方が少し太くなっています。

チェロの特徴と役割

オーケストラでのチェロの役割

チェロは落ち着いた低音を出すことができます。

オーケストラやアンサンブルで、音楽のバランスを取るための重要な役割を持ちます。

また独奏楽器としての表現力も豊かで、エネルギーに溢れた演奏を見せてくれます。

弦楽四重奏や弦楽五重奏、ピアノ三重奏では低音部を受け持ちます。

タイトルとURLをコピーしました