サクソフォンの歴史と原理、種類と材質、惹きつける魅力とは

サクソフォンの歴史

金色に輝く華やかな楽器

サクソフォンが生まれたのはは今から約160年前です。

日本では江戸時代末期の1840年、ベルギー人のアドルフ・サックスが発明しました。楽器の名前は発明者の名からもらっています。

当時、サックスは、バス・クラリネットの新しいシステムを研究していたそうです。その時に発明したシステムがサクソフォンになったというわけです。

初めは金属でできたコントラバス・クラリネットと呼ばれて、ベルギーの博覧会で紹介されたということです。

そのうち、サクソフォンという名前が1846年、パリで特許が申請されました。サックスは当初フランスを中心に広まったそうです。

サクソフォンは軍楽隊で使用され、その後オーケストラ曲の中にも使われるようになっていきました。

ビゼーの「アルルの女組曲」や、ラヴェルの「ボレロ」などで聞くことができます。

その後、アメリカに渡って、1920年代になるとジャズで大活躍します。

サクソフォンの原理

サクソフォンの仕組み

音色は金管楽器の鋭い音色と木管楽器の柔らかい音色、それらの両方を併せ持っているのがサクソフォンだと言われています。

木管と金管の橋渡しをするような存在として、いろいろな場面で活躍を続けてきたわけです。

金属の筒でありながら、クラリネットのマウスピースとリードを持っているので、サクソフォンは金管楽器と木管楽器の中間の音色を得たということです。

金属製なのに、木管楽器のわけ

サクソフォンは発明された時から、材質は金属でした。これに対して、フルートは最初は木製の管だったのとは違うのです。しかし、構造はクラリネットの木管楽器と同じなのです。

実は、楽器の分類は材質ではなく、構造が優先されるそうです。従って、フルートは今は金属ですが、仕組みは横笛で木管楽器、サクソフォンはクラリネットと同じ仕組みなので木管楽器なのです。

サクソフォンは金属製の円錐形で、ボディ、ネック、マウスピースの3つの部分からできています。

マウスピースにはクラリネットと同時仕組みのシングル・リードが取り付けられていますが、リードはクラリネットよりも少し大きくなっています。

実は、1840年代に発明されたサクソフォンですが、その形やキイのシステムは、発明当時からほとんど変わっていないそうです。

それほど、発明された当時の設計が完全なものだったということです。

サキソフォンの種類と材質

広い音域を網羅するサクソフォン

一般に使用されるサクソフォンはアルトとテナーがほとんどですが、これら以外にも、多くの種類のサクソフォンがあるのです。

ソプラニッシモサックス

最も高い音域を持つサックスです。形は直管型、演奏は非常に技術を求められるので使用頻度はとても少ないそうです。

ソプラニーノサックス

形は直管型で、サックスアンサンブルなどで演奏されます。これも演奏が難しいのであまり使用されません。

ソプラノサックス

澄んだ高音がとても美しく、人気があります。サックス四重奏ではリード担当で、形状は直管とU字に曲がったものの2タイプが存在します。

アルトサックス

中音域を担当し、最も一般的なサックスだと言えるでしょう。クラシックだけでなくジャズやポップスでも活躍します。

テナーサックス

アルトサックスの次に使用頻度は高くて、豪快で深みのある音色を持っています。

バリトンサックス

アルトサックスとは1オクターブの音域が違うので、アルトサックスと一緒に主旋律を奏でても違和感がありません。

バスサックス

バリトンサックスよりもさらに低い音域を持ちます。演奏者は演奏技術だけでなく体力も必要です。

コントラバスサックス

これは一番低い音域を出せますが、使用頻度は低く、国内にも数本しかないそうです。価格も数百万円もするそうです。

サブコントラバスサックス

これは、貴重なサックスで1999年にドイツのエッペルスハイム社が製作しました。世界にも数本しかない非常にレアなサックスです。

サキソフォンが惹きつける魅力とは

サックスは高音部から低音部までバランス良くそろっている楽器で、運指機構も優れています。

表現力の幅も広く、他の木管楽器よりも大きな音量が出せます。

音色は、金管楽器の鋭さと木管楽器の柔らかさの両方を持っています。

そのため、ブラスバンドでは木管楽器と金管楽器の仲介役の役割を持つと言われています。

タイトルとURLをコピーしました