オーボエの歴史と原理、種類と材質、惹きつける魅力とは

オーボエの歴史

自然素材だ音を出した笛が祖先

ヨーロッパには西暦前2800年に2本の管をもった複管オーボエがあったと言われています。

さらに、これとよく似た楽器で、ギリシャのアウロスや、イスラエルやエジプトのハリルといったものがあります。

現在のオーボエの直接の祖先はズルナと言われるトルコの楽器だそうです。

東洋においては、中国のクアン、日本の篳篥(ひちりき)といった楽器があり、実はオーボエと同族の楽器だと言われています。

夜鳴きそばで有名なチャルメラも同族です。

それぞれの楽器の共通点は音の出し方です。同じ仕組みの楽器が世界中に広まっていったということです。

現在のオーボエを代表とする「オーボエ族」の楽器は、人間にとってとても関わりの深いリード楽器だと言えるわけです。

オーボエの原理と仕組み

オーボエの発音原理は、ダブル・リードというもので、2枚の発音版を唇にはさんで空気を吹き込んで振動させ、指やキーを使って楽器本体の複数の穴を開閉します。

オーケストラのチューニングにも活躍します。オーボエの音程はとても安定しているので、Aの音を吹けば、その音を基準に他の楽器が音程を調整するのです。

また、息を吹き込む口がとても細いので、少ない息で演奏ができ、たくさんの息を必要とする長い音符やフレーズの演奏が楽にできます。

ただ、オーボエの音色がダブル・リードの善し悪しで決まってしまうと言われています。

オーボエの演奏家は練習をする時間よりもリード作りをしている時間の方が長いと言う話もあるそうです。

オーボエの仲間と材質

オーボエの菅の材質はクラリネットと同じグラナディラと言う、黒色をした木で作られています。

楽器の長さは約70cm、上部より下へ少しずつ太くなっています。

オーボエの仲間

現在のオーボエの仲間があります。

オーボエ・ミュゼット

もっと小さな楽器で、オーボエよりも高い音域を担当します。

オーボエ・ダモーレ

約1720年ごろ出現した楽器で、バッハが好んで作品にしました。音程はオーボエよりも短3度低く、オーボエよりも少し大きい楽器です。

イングリッシュ・ホルン

オーボエ・ダモーレよりもさらに大きく、約81cmの長さです。音程はオーボエよりも5度低くなっています。

バリトンオーボエ

イングリッシュ・ホルンよりもさらに大きく、音程がオーボエよりも1オクターヴ低くなっています。

ヘッケルフォーン

リヒャルト・シュトラウスが楽器職人のヘッケルさんに作ってもらったもので、日本に2台しかない楽器です。
主な種類:

オーボエの役割と魅力

オーボエは吹奏楽ではメロディを担当することが多くなっています。

ただ、オーボエは演奏すること自体難しいので奏者はとても苦労するそうです。
オーボエの奏法
オーボエの基礎練習してはアルペジオ練習があります。低い音から高い音まで、連続して音を出すのはかなり困難です。

しかし、これが上達への近道なのです。

オーボエは神経質なタイプな楽器で、やりきればやりがいを感じることができる楽器です。

音色はマイルドなのに独特のもので、演奏は高難易度。また、オーボエという楽器は高価なことでも有名です。

タイトルとURLをコピーしました